スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

選択肢

本日うれしい事がございました。
ずっと探し求めていた映画のビデオを
お客様が見つけてくださったのです。
次回お越しの節に持ってきてくださるとの事。
愉しみでたまりません。

その映画とはこれ

cc0383.jpg

【Set it OFF】

黒人女性4人組のクライムストーリーです。

が・・。

この映画、実に何というか。
「切ない」「哀しい」「辛い」

観賞後、鉛を呑んだような沈鬱な状態に陥ります。
感動もない。笑いもない。
『う~ん・・』と項垂れるか、
同調して切なくなるか・・。
いずれにしろ重い重い映画なのです。
cc0382.jpg


社会の底辺で喘いでいる4人の黒人女性。
ストーニーという人物を芯に物語は展開します。

励まし合い、必死に生きようとする彼女達の前に
いつも障害となるのは社会のシステム。
差別という未だ続く弊害。
その弊害がいきなり襲ってくるシーンから始まります。

それぞれが抱いている苦難。
ストーニーは両親を事故で失い
弟の面倒を見るため全てを犠牲にして働きます。
夢は弟を名門大学に入れる事。
その夢が叶い、
弟だけでもこの生活から抜け出させる事ができると
喜んだのも束の間、
授業料が払えないという問題が発生します。
彼女は身体を売ってそのお金を手にしますが
弟は実は大学には受かっていなかった。
献身的、狂気的に自分に期待する姉に本当の事が
言えなかったのです。

ショックと怒りで弟を詰るストーニー。
しかしその数時間後に弟は
出先で強盗犯人の容疑者と間違われ
警官に射殺さてしまいます。

最後の最愛の家族をも失ったストーニーは
自分のせいだと責めて責めて責めまくります。

フランチェスカもまた、差別的な要素で職を失い
シングルマザーであるT・Tは育児能力(財政的に)が
無いと判断され、役所に子供を奪われてしまい、
クレオは根底から社会に対してずっと不満を抱いている・・。

結局彼女達は現状をうち破る打開策として
銀行強盗という犯罪に手を染めてしまいます。
犯罪で胸中の快哉を叫ぶのです。

そんな中、ストーニーに運が巡ってきます。
強盗に入る銀行の下見に訪れたのですが
その銀行のエリートバンカーと恋仲になるのです。
それは憧れていた夢の生活の幕開けでした。

しかし彼女は罪悪感から彼を遠ざけようとします。
自分自身への裏切りと、仲間に対する想い。

一度犯罪に手を染めたらもう抜け出せない。

あぶく銭はすぐに底を突き、
また彼女達は犯罪に手を伸ばします。
安易な方角の先の一時的な似非の幸福感を得るために。
瓦解した人生を一時的に復活させるために。

しかし最後には悲劇が訪れます。

T・Tが警官に射殺され、
そしてクレオも、またフランチェスカも・・。



この映画は【お金】がKeywordsですが
自分的には【選択肢】のような気がするのです。

あの時こうしていれば・・・。
コレを選ばずアレを選んでいたなら・・・。

ストーニーはお金を選んだ代償として
友人・家族・恋人・人生を失います。
常に後悔をする生き方をしてきよったボクには
彼女達の個々の思いが
痛いほどに伝わってきよります。

何を優先させるのか。
優先させた結果、待ち受けてるものは何か。

ストーニーの彼氏のセリフに
『お金のために友を失うのは愚かな事だ』
というのがあります。

【何々を優先したために何々を失った】

仕事を優先させたために二度と戻らぬ時間を・・
虚勢心のために誇りを・・

皆さまはそういった経験はありませんでしょうか。
自分には当てはまるものばかりです。

沈鬱になる事請け負いますが(笑)
是非是非、機会がありましたらご覧下さい。
ホンマに名作だと思います。

このYoutube、10分と長いのですが
もはやラストシーン近くです。



クレオとフランチェスカが射殺されるシーンですが
特にクレオ。

警官隊に囲まれ絶体絶命となった彼女は
それが当然であるかのように
車ごと突進していきます。
そしてボロ雑巾のように
一斉射撃により蜂の巣にされてしまいます。
(2分30秒ぐらいにこのシーンに入ります)
(6分ぐらいにフランチェスカ)

初めてこの映画を観た時クレオのシーンは
『頼むわ、降りてくれ。投降してくれ』
という思いと
『撃たないでくれ、撃ってやらんでくれ』
という思いのみでした。

哀しすぎる曲と詩の
【UP against the wind】がバックで流れ
泣けてしもうて、どないもこないも・・。

感動の涙とは違います。
自分が撃たれてるような気がしましたもんで。。

『結局オレもこうなるんやろなあ』みたいな。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

壁カジさん、こんにちは。

壁カジさんの解説を読んで、見たい気持ちと見るのが怖い気持ちが交錯します。

何を優先させるか?
日常のちょっとしたことでも、優先順位が分かっていながら、その通りにしないことってあります。または、できない時も。
彼女たちが黒人であることはこの映画の大きな要素ですが、現代は、お金さえあれば、みたいな部分がどんどん肥大している気がします。
ひょっとして"愛"さえも得られそうですし、健康や医療は確かにお金である程度は解決します。
しかし、人にとって大切なもの、人として大切なものは、お金で手に入れられるものではありません。

この映画、機会があれば、やっぱり見てみたいです。

言葉を失いました

壁カジさんご推薦のこの映画。
朝この記事を読んで早速ビデオ屋さんに行きました。

壁カジさんの言われるとおりでした。
鉛を呑んだとはぴったりですね。
悲しくて本当に切ない映画だと思います。
私はフランキーに感情移入してしまいました。
職場での嫌がらせやべっ視的な待遇を
私も受けた事があるからです。
その時は憤りから爆発しそうになったものでした。
よくはないのですが、銀行を襲おうと先導している
フランキーを応援している自分がいましたからね。
でも選択肢を誤った・・・。
彼女が撃たれて倒れるシーンは涙が止まりませんでした。
本当に名作です!

こんばんは、壁カジさん(=^・^=)
abiはこの映画を観たことがありませんが、
観たあとの心の余韻を想像すると
スペイン映画、『蝶の舌』のような感じではないかな?
とふと思いました。
(内容的には全くちがいますけれどね)
純粋な少年が、最後は大好きだった先生に石を投げる・・・
悲しすぎる決断でした。。。
大切な物は手放してはいけませんね。
そのような後悔だけはしたくないと思います。
☆いいことあって、良かったですね(=^v^=)

壁カジさま、ご無沙汰しております。
お気に入りの映画が、見付かってよかったです~♪
ハズカシながら、私もこちらの映画は
観たことがありませんでした。。
Cleo役の方は、何度が何かの映画で
観ているのですが。。

意識的なもの、無意識的なもの、
人生には、沢山の【選択肢】があって、
常に何かを選びとり、何かを捨てて
生きているように思います。
コンビニで選ぶおにぎりの具や、通勤に通る道。明日の予定から、
人生の岐路にいたるまで。。
人生そのものが選択といっても過言ではないように思います。
私はいつも、意識的にしろ、無意識にしろ、捨ててしまった
【選択肢】の可能性をも生きられたらなぁと、
考えても無駄なことに思いをはせてしまいます^^;

でも、運命は決まっていて、結局は
今にたどり着くような気もしますが。。。

すみません、意味わかりませんよね。。。(苦笑)

『結局オレもこうなるんやろなあ』

このようなことがご自身に当てはまるとおっしゃる、今の壁カジさまに、
そんなことは決して訪れませんっ^^


壁カジさんの説明だけでも十分心にずしーんと来ました。
人生何を選択するか。
でも、選択肢が彼女たちの場合あまりにも少なすぎたのでは。
先行きの見えないこの時代、明日は我が身かも知れないと思うと怖いです。
今まさに沈鬱な状態の私なので、この映画見たらもっと沈みそうですね。

7年ほど前でしょうか。この作品鑑賞した事があります。
壁カジさんのレビューを読み、無性に見たくなりビデオ屋さんへ走りましたよ(笑)
誰でも人生を切り替えるという事は難しい。
すっかりぬるま湯の柔らかさに安住してしまっていますからね。
もがき、喘ぎながらも彼女達はそのぬるま湯から
上がる事ができなかったんでしょうね。
唯一まとも?ともいえるストーニーでさえも(半分は復讐心なのでしょうが)
愚行に走ってしまう。
小生もこの映画から色々な事を学んだような気がします。
買ってしまおうかな(笑)

(^o^)(^o^)おへんじ(^o^)(^o^)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★

■■jugon 様■■
是非ともにご覧下さい。
(かなり切ない映画っすけど)

『お金』って本当に厄介ですよね(苦笑)
一夜にして大金持ち!ってのは外すとして
お金持ちさんっていわれる方々は
それなりに苦労もしてらっしゃるんでしょうしね。
しかしてこの映画は一生懸命に働いても
その報酬が微か・・という雇用形態ですから
愚行に走ってしまったように思えました。

有ればあったで大切なモンを失うリスクが増大。
無くてもやっぱり失ってしまう。

やっぱ普通・・がエエんでしょうか。
映画【ライムライト】で
チャールズ・チャップリン氏が
『人生に必要なのは勇気と想像力とほんの少しのお金だよ』
と言っておりました。

平々凡々と生きていく事こそが最も難しく
最も幸せな事なんやろうなあと
つくづく思います。




■■かせらん 様■■
ご覧になられたんですね!
記事を読んで・・とありましたが、
これはめっさ嬉しいです♪

そうですか。
かせらんさんもそういった扱いを
受けた経験、お持ちなのですね。
さだめし辛かったことでしょう。。。

撃たれてしまいましたが
何とか説得しようとして丸腰になりましたよね。
ストーニーの件が彼をああさせたのか
心底彼女達に同情したのか・・。
でもバスの中のストーニーを見送った(見逃した)から
その双方だったと思うようにしました。
少しぐらい『ヒューマニズム』たら
『なにわぶし』たら、入れて欲しいもんなあ。
でないと余りにも辛すぎる内容ですやん?(笑)




■■愛美 様■■
さすが愛美さん!!
【蝶の舌】をご存じとは!!!!
コレも考えさせられる映画ですよね。
純粋無垢だからこそ大人の起こした
無意味な愚行をまともに捉えた結果なのでしょう。
いたたまれぬシーンがたくさんありましたよね。


そうですね。
戦争が巻き起こした少年の変貌に対し
こちらは差別という形です。
言われる通り内容は違うのですが

『そうしなければ生きていけなかった』

という類似点は確かにあります。
そこに復讐という要素も含まれてきます。
愚行に走らずとも冷静に選択肢を思案すれば
解決策はあったはずなんでしょうが
この『復讐』がそれを覆い隠してしまった・・
みたいな感じなのです。

少し(いや、かなり)暗くなってしまいますが
ホンマ、名作やと思いますんで
機会があれば是非ご覧下さい(^^




■■momokaxx 様■■
写真を観ただけで解ったのですね!
さすがmomokaxxさん♪
この方、クイーン・ラティファさんといいます。
【ボーン・コレクター】【シカゴ】【マンハッタンで抱きしめて】
などがありますが
最も印象深いのは【マイ・ライフ】
彼女は看護士の役をしておりました。
雰囲気はキャシー・ベイツさんのような感じ・・。
とても良い役者さんです(^^

書かれた文章、よく解ります。
ブログにもよく似た事を書かれてらっしゃいました。
そのものズバリではないですが
文章から容易に汲み取れます。
同じ事を仰っているのだとすぐに解りましたよ。

【棄ててしまった可能性】
自分の場合は「棄ててしまった」ではなく
棄てたらこうなるぞ?という事が解っていたのに
大丈夫だというくだらん自信が出張りました。
だから「そこらへんに放っぽらかした」が
正しいと思ってます。
momokaxxさんは棄ててから這い上がろうと
一所懸命頑張ってはりますやん。
ものげっつぃ憧れるし、尊敬してます。

『訪れませんっ!』と言って頂いて
ホンマにうれしいです(;ー;)
そやけど、
最期は確実にああいった形で終焉を迎えます。
これは決めてます(笑)(笑)
っていうか、そうならんとあきません。
神さまがおるのなら必ずそうしよると思います。
でも今は頑張って少し先延ばしにしてもらってますねん(笑)





■■RARA 様■■
RARAさん、まさしくその通りです!
文章だけでお解りになるとはスゴイですー!

『選択肢があまりにも少なすぎた』
正しくその通りです。
冷静に思案すれば幾通りもの選択肢が
存在する事に気づけるのでしょうが
そこに『復讐』という言葉が
覆いを掛けてしまう訳なのです。

沈鬱な状態~・・・って・・。
そんな事、言わんで下さいよ~(;ー;)
大丈夫大丈夫!
まだまだですよ。まだまだです。
絶対の絶対に「まだまだ」です!




■■haforu 様■■
haforuさんにしては珍しいほどの長文ですね(笑)
よほどこの映画、お好きなのだと思いました(^^

さすがにイイ事を言われます。
『切り替えの難しさ』
『ぬるま湯の居心地の良さ』
そうですね。
愚行に走ったのは
ぬるま湯の暖かさがあったからだとも思えます。
もっともっと頑張って・・
という、ちょっと辛い向上心を持って
バンガって我慢すればこんな事には・・。
っていう感じでしょうか。

買って下さい♪是非是非☆

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール


手作りで色んなモン作ってます
観て下さる方がニッコリするような
そーゆーブツを作りたいです

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
オーダーストラップ


オーダーストラップ始めますた
詳細は画像をクリック♪
お気軽にご連絡下され☆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
オーダーピアス


オーダーピアスも始めますた
詳細は画像をクリック♪
お気軽にご連絡下され☆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
メール


初めての方でもどうぞ お気軽に♪

CocoHandのHP


ホームページです
過去作あります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
現在時刻
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング
応援ちてね♪
ポチって押ちてね♪

にほんブログ村
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
もういっこのぶろぐ


もう一つのブログです

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。