スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画ってホンマいいっすね

壁カジ、2月に一度は【映画合宿】と呼称して
約7~10本の映画を丸一日、鑑賞するという
ヲタ満開の日を設けております。

映画、好きなんじゃいT∇T)

では今回、合宿で観た中で素晴らしかった映画を
いくつかご紹介をば。

まずはこれ。

【スパイダーウィックの謎】
p0155.jpg

この映画は【ハンドメイダー御用達映画】と称したいほどに
素晴らしいおとぎの世界が展開されます。

※あらすじ※
両親の仲違いから引っ越しを余儀なくされる親子。
(おかんとそのお子ら3人)
大叔父がかつて所有していた古びた洋館にやってきます。
そこで見つけた妖精図鑑。
それは大叔父スパイダーウィック博士が書き遺した日記。
「開けたらアカンで」と注意書きがあるにもかかわらず
本を開いてしまう鼻タレお子さん。
さあ!それから冒険の始まりが・・・


子供向けの映画と思いきや十分に大人でも楽しめます。
出てくる妖精達の姿形は
お世辞にも可愛いとはいえないのですが
p0158.jpg
p0156.jpg
とにかくCGがものすごく綺麗!!!
まさしく不思議な妖精の国でした。
エンドロールがまた素晴らしい!
この映画の集大成かと思えるほどの
見事なCGが流れるのですがそれを観るだけでも一見です。
音楽もすごく心地よく、素晴らしいのです。
こんな世界を作ってみたい!とめっさ思った映画ですた。


さてお次は

【情婦】
p0165.jpg

名匠ビリー・ワイルダー監督作品。
原作はアガサ・クリスティの『検察側の証人』
法廷裁判ミステリーものです。

※あらすじ※
心臓発作で入院していた超凄腕老弁護士ウィルフレッド卿。
口うるさい看護婦を伴い、ある日退院してきます。
その日、いきなり未亡人殺人事件の弁護依頼が。
親友の弁護士が容疑者を連れてやって来ます。
心臓に負担がかかるという事で一度は断りますが
そのすぐ後に訪れてきた容疑者の妻の
謎めいた言葉と態度をきっかけに立ち上がるのですが。。


【ラストのどんでん返し】
よく映画のキャッチコピーに使用されてますやん?
こういった頭脳戦を展開する映画には付き物です。

ですが時々

『何ぢゃい、この強引なドンデン返しは』

ってのもありませんでしょうか?

あるいは
『ンフ♪私には読めてたわ』みたいなものも。

いずれにしましてもこの『ドンデン返し』
重要といえば重要なんですが
さほどに重きを置かずとも良いとも思えるのです。

つまりこの『ドンデン返し』に達するまでの
プロセスが良かったらエエんちゃうんか、と。

【ユージュアル・サスペクツ】
【羊たちの沈黙】
【シックス・センス】等々・・。

どれもこれもそれまでのストーリーに
引きずり込まれませんでしたでしょうか。

この映画も実に“その部類”でして
ユーモア有り、謎解き有りで、まったく飽きさせません。
さすがはビリー・ワイルダー。
さすがはアガサ・クリスティ。

(超凄腕老弁護士と看護婦)
この看護婦とのやりとりがオモロイ♪

p0166.jpg

何より驚愕すべきはこれが1957年に作られた事す。
今観ても何らそん色のない素晴らすぃ作り。
古畑○三郎を思い出してください。
まさしくあんな感じで見事に相手を引っかけます。



p0167.jpg


モノクロ映画特有の落ち着いた洒落た雰囲気。

殿方はウイスキーなど一献を傾けながら、
ご婦人方は紅茶やワインなどを傾けながら・・。

この洒落たミステリーの世界を楽しまれてはいかがでしょう☆




さて最後に壁カジの大好きなロードムービー。

【ハリーとトント】
p0168.jpg

愛猫を連れた老人の、
旅の途中での様々な出会いを描いてます。

※あらすじ※
72歳のハリーは年老いた愛猫トントと
マンハッタンのアパートに住んでいましたが
区画整理のために追い出される羽目に。
長男の薦めでやむなく同居する事になりましたが
長男の嫁さんへの気兼ねで出ていきます。
長女の家を訪ねるため飛行機に乗ろうとしますが
猫は乗せてもらえずバスで行くことに。
しかし途中、トントのおしっこのためにバスを降り
そこに置き去りにされてしまいます。
そこでボロボロの中古車を買って行こうとしますが
途中、ヒッチハイカーを乗せてから
旅の方角が変わっていきます。



これも昔の映画です。
ハリーはトントと散歩する時は
いつもこのように紐をつけて
ワンちゃんのように散歩しています。
p0170.jpg

【老猫のトント】
p0169.jpg


ロードムービーを観ますと
何かしらテーマのようなものを感じるのですが
この映画にはそういった弾丸が発射されてないような
そんな風に思えました。

強いて言えば【自立】かのう、と。

働き盛りの子供達。
16歳の家出をしてきたヒッチハイカーの娘。
様々な背景があり年輪を重ねてきた老人達。
インディアンの老人、旅の行商を続けてる老人、
野良猫に餌を与える老人、養護施設に入っている老人。

こういった各個人の物語を深く追求しません。

トントもそうなのです。
動物を扱う映画によくあるようなものではなく
スターにせずに(つまり演出がまったくない)
ただ普通の猫の行動として見せています。

『悟る・乗り越える・出発する』

人間が生きていく上で重要なkeywordが
自立というモンに集約され、
そいつをごくごく淡々と、
まったく飾り気のない演出で綴られていくっちゅう。
そんな感じです。

そういった不明瞭な演出からくるものは
自分自身がそのシーンに対して色々な想像を膨らませたり、
あるいは様々な想い出に心を馳せる時間を与えてくれたり。。
これが核心なのかも知れません。

思いもかけないパートナーの出現により
思いもかけない出来事に出会える。

これは旅の途中で出会った家出娘に
かつての恋人の話をしたところ
『会いに行こうよ♪』と若者特有の行動力の結果
老人ホームで痴呆の症状が出ているかつての恋人と
50年ぶりに再会し、
施設の中でダンスをするシーンですが
p0173.jpg

背景に流れる音楽も素晴らしく
ホンマにええシーンやったんですが
ここでも特別な演出はありません。
つまり『ここで泣いてくださいよ』ではありません。
淡々と、です。ただひたすら淡々。

そやけど、これも一つの旅の効能。
一歩出たからこそ得られた機会。
出発というkeywordがあるように思いました。


やがてトントは死んでしまいます。
しかもあっさりと。

え?死んだん?と思うほど、あっさりと。

p0174.jpg

ハリーは死を迎えようとしているトントの前で
いつものように唄を歌い
たった一言、涙も流さずに

「お別れだ」

と言って立ち去るのですが
p0175.jpg

これはトントの一生を素直に温かく受け入れた、というように
ごくごく、自然なシーンとして流れます。

ラストシーンでは
まだまだ出発できる、というモノと
人生の輪廻を垣間見れるような感じで
フェードアウトします。

この映画で最も感動したのはエンドロール。

出演者が流れる最後の列に

“TONTO(トント)”

と、出てきたトコでした(;ー;)



のんびりと。

時間が有り余っている時とか
気持ちを優しく変化させたい時とか。

そんな状態の折にはピッタリの映画ですたい。
機会がありましたら是非ご鑑賞下さい。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 粘土細工・ミニチュアへ
にほんブログ村











スポンサーサイト
プロフィール


手作りで色んなモン作ってます
観て下さる方がニッコリするような
そーゆーブツを作りたいです

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
オーダーストラップ


オーダーストラップ始めますた
詳細は画像をクリック♪
お気軽にご連絡下され☆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
オーダーピアス


オーダーピアスも始めますた
詳細は画像をクリック♪
お気軽にご連絡下され☆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
メール


初めての方でもどうぞ お気軽に♪

CocoHandのHP


ホームページです
過去作あります

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
現在時刻
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング
応援ちてね♪
ポチって押ちてね♪

にほんブログ村
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
もういっこのぶろぐ


もう一つのブログです

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。